やわらかな春風が街を桃色に染めていく
季節の訪れとともに芽生えたほのかな思い
目を閉じると浮かんでくる
小さな手…風になびく髪…
そして僕をみつめるやさしいまなざし
僕はきっとわすれないだろう
あの日、君が言った言葉…